2018年02月17日

その翼と・・・歌声と。。。。

透明になるということを勘違いしていた。

見た目が解らなくなると言うことで、
物質がなくなるわけではなかった。

フワフワと飛べることもなく、
駅の階段を誰にもぶつからないように注意して降りた。
得体の知れない空気の壁は、
重大な事故の原因になる。

自動改札も通り抜けられるわけではなかった。
カードだけが改札機にタッチされているのを見た人は、
取り忘れられていると勘違いしたか、
疲れすぎて幻を見てしまったと、
目をこすっていたに違いない。

三日もすると、透明であることの不自由さに疲れ、
あの店の前で、愚痴っていた。
「姿が欲しい。」

「どんな姿になりたいんだい?」
ウインドウの中の鳥たちが囁いた。
「君たちのように、自由に飛べる姿に。」

私は、萌ゆる黄緑のウグイスになり、
店先の白梅のひと枝に止まった。
声を出すと、
あの春先の練習し始めの歌声になった。

5004,5,6 うぐいす.JPG
5004,5005,5006 ウグイスのアクセサリー
西荻窪 ニヒル牛さんに納品しました。
posted by say-go at 23:39| 東京 ☀| Comment(0) | ガラスのジュエリー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年02月13日

おひなさま・・・ねこ・・・くりあー。。。

『透明になるための・・・呪文。』

この通りは、いつもバスで通り過ぎるので、
こんな店があるのは、気がつかなかった。

歩いていると、探していなくても
目に入ってくることがある。

狭い間口で、大通りに面しているとは言え
しばらく掃除をしてないのが解るような、
ガラスの曇具合。

通り過ぎても不思議がないのに、
足が止まったのは、この、ねこのお雛様のせいだ。

どうにも気になって、私は、この子達を家に連れ帰った。
○○賞受賞の新刊本を買おうと思っていたのが、そのまま役立った。

その子達をデスクの前の棚の明るいところに飾り、
お気に入りのコーヒーを煎れ、
香りと苦味と膨らみと広がりを楽しみながら、
二言目三言、話しかけている姿は、
もし、後ろに誰か立って見ていたら、
「おいおい、大丈夫かね。」と思われかねないと思い、
現実に戻った。

デスクの脇に積まれた、読まなければならない資料の山を前に、
自然と
「消えてしまいたい。」と呟いた。

「じゃあ、消えればいいじゃん。教えてあげるよ、消え方を。」
声の主は、デスクの前の棚の、あの子達だった。
いくつかの呪文を教えてくれた。
書きかけの報告書の端に、私は、しっかりと書き留めた。

しばらくの沈黙。
こんな幻聴を聞くのも、徹夜続きのせいだと思いつつ、
試しに呪文を唱えてみた。

私は、消えた。。。。
5003 おひなネコクリアー.JPG
No.5003 おひなさま ねこ くりあー
西荻窪 ニヒル牛さんに 納品しました。。。。

posted by say-go at 22:16| 東京 ☀| Comment(0) | 季節の飾り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年02月12日

メモリアル No.5000 しずく・・・

東京 杉並 西荻窪 アートな雑貨屋さん『ニヒル牛』さん
お借りしているスペースに出品の作品ナンバーが
5000番になりました。
メモリアルな感じ・・・。
さて、5000番目の作品は、何にしようか?
あれこれ考えて,
No.1 と同じ、「しずくのぺんだんと」にしました。
初心に帰って・・・・。
真面目すぎでしょうか・・・?
これだけの数の作品を納品させていただけたのは、
購入してくださった、多くの方々があったからこそ。
また、販売してくださった、お店のスタッフの方が
いらしてくださったからこそ。
みなさん、ほんとうに、ありがとうございました。。。。
5000 しずく.JPG
ラベル:西荻窪 ニヒル牛
posted by say-go at 12:22| 東京 ☀| Comment(0) | 西荻のアート雑貨 ニヒル牛 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
SORA・・・へ・・・♪